#58 理科社会は問題を解くことが大事

58回目のフライトとなりました11月21日。この日は小2・1名、小3・1名、小4・2名、中1・2名、中2・1名、中3・1名の計8名、講師は井川先生、マキ先生、足立の3名でした。

濱田先生と井川先生は第3火曜日は他のボランティア団体(吹田ローターアクトクラブ)の活動があり来れないとのことだったのですが、講師が不足する恐れがあり井川先生に来ていただいたところ中学生4名お越しだったので抜けるに抜けれず。最後まで指導してくださりありがとうございました!!

普通の科目学習が終わると思考力を鍛える問題にチャレンジ。頭を使う問題にマキ先生も一緒になって考えます。

中1の2人は理科。社会や理科を課題として持ってきてくれる生徒もいるのですが、うちで必ず伝えるのが教科書やノートを眺めていても点数は取れないということ。10分で教科書指定ページを覚えさせてすぐに試験、また10分で指定したページを覚えさせてすぐに試験、とにかく問題を解くことばかりをさせます。アウトプットを繰り返さなければ記憶は定着しません。前の週やメールで言っていただければ教材を用意できるので社会や理科をやりたい生徒は事前相談お願いします。

マキ先生、井川先生何度も来てくださっているので自然と担当生徒が決まってきて、阿吽の呼吸で教室運営をできているような気がしています。

いつも本当にありがとうございます。

そんなつばめ学習会、生徒も先生も絶賛募集中です。
生徒の受け付けはこちら
講師にご関心がある方は suita.tsubame@gmail.com まで
お問い合わせください。

次回以降のスケジュール
※一部会場の休館日の事情で火曜日に変更となっています。ご注意ください。
11月29日(水)18時半~20時半@千里山コミュニティセンター
12月 6日(水)18時半~20時半@千里山コミュニティセンター
12月13日(水)18時半~20時半@千里山コミュニティセンター
12月20日(水)18時半~20時半@千里山コミュニティセンター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする